旗・幕の専門店。垂れ幕・横断幕、タペストリー、テーブルクロス 、社旗、団旗、クラブ旗、大漁旗、手旗などを製造、販売。

ヘッダーイメージトップ
旗・幕ドットコム

サイトマップ

原稿確定後1週間で出荷、安心の交換保証付!

問い合わせをする   ショッピングカートを見る
ヘッダーライン
製品一覧 当サイトの特長 ご注文方法 データ入稿ガイド お客様の声 会社概要
トップメニュー下部イメージ

ホーム > 初めての方へ > 業者選びに迷ったら

製作業者選びに迷ったら

ライン

「ネットショップが多すぎて、どこに頼めばいいか分からない」
「値段にバラつきがあって、どう違うのかが分からない」そんなことはありませんか?

そこで、ご検討される際の参考になるよう、7つのチェックポイントをまとめました。
もしあなたがどこに頼むか迷っているのでしたら、これを製作業者選びの基準にして下さい。

1 生地のラインナップは少なくないですか?

今あなたがどのような用途で、またどのような場所でどれくらいの期間ご使用になる旗・幕をご検討か分かりませんが、いずれにしてもベストマッチするものを製作しようと思えば、 2種程度の生地のラインナップから選ぶのでは少なすぎると思います。例えば、いくら大は小を兼ねるとは言いましても、 屋内で使うものなのに屋外用のごつい生地で製作するのはちょっと違う気がしますし、 たとえ屋外使用であっても、短期使用と長期使用では使うべき生地も違ってきて当然です。

また昨今お客さまのご希望とされる質感も千差万別で、例えばビニール製がいいと言うお客様もいらっしゃれば、
そうではなく、もっと軽いものがいいとか、綿の風合いがいいと言うお客様など、色々です。

少なくとも当社はそういう認識に立ち、あらゆるニーズにお応えできるよう、 今現在12種の生地を使い分けながら製作しています。
ですからビニールターポリンにしか印刷出来ない、、化繊でしか製作出来ない、綿は出来ないでは困ります。
そのご使用用途、ご使用環境に相応しい生地で製作するためにも、何種類くらいの生地を持っているか
チェックしてみてください。

チェックポイント1

いろんな生地に染めたり、印刷出来ますか?

2 製作業者にデザインの提案力はありますか?

旗や幕を作ろう!と思ったら、まず原稿を作成しなければなりません。
問題は、その原稿をどうするか?です。方法としては

1)自分でイラストレーター(ソフト)で描いた完全データを支給する

2)製作業者に原稿を作成してもらう (ワードやエクセルで描いたものを支給する場合もこれにあたります)

のどちらかになると思います。

1)の場合は、そのまま製作できますので、どの業者に発注しても大体、同じものが仕上がってくるはずです。
ただし、色だけは業者間で違ってきますので、DICナンバーなどできちんと指示されるのが無難です。

問題になるのは2)の場合。
あなたが描いた手描きの基原稿、あるいはあなたが描いたワードやエクセルの基データから、旗の製作業者がデザインを起こす場合です。

その場合いくら、あなたが「こんな感じで作りたい」というイメージを伝えても、 作る側にセンスがなければ、何度やっても気に入ったものはあがってきません。時間ばかりがどんどん過ぎていくだけです。

そこで、もしあなたがある程度デザインもお願いしようと思っているなら、
今までの製作事例がホームページにきちんとアップされているかどうか、
そしてそれらが自分の感性と合っているかどうか、
そこなら安心して任せられそうかどうかチェックしてみてください。

また、提案してもらえるとしたら、その金額ははっきりと明示されていますか?
原稿作成費 ○○円、修正代は○回まで無料、以降は1回修正につき ○○円、とか。
たとえ料金がかかっても、何も書いていないよりは安心できます。ましてや、タダほど怖いものはありません。

発注する前に、原稿作成の費用がはっきりとわかる製作業者をお選び下さいね。

チェックポイント2

原稿を依頼するなら、安心して任せられそうですか?

3 値段がはっきりわかりますか?

旗や幕を作りたいのに、サイトで値段が分からない、なんていうのは、論外です。
検討のしようがありませんから。
そもそも金額の表示がない、その都度お見積り、というのは裏を返せば、
お客様ごとに値段が違う可能性があるということ。
それはお客様にとっては不安だしフェアではありません。

おそらく競合他社とか代理店との兼合いなどが理由なのでしょう。

ちなみに当社のポリシーは、「お客様に安心感、信頼感を持ってお取引いただく」ことです。
そのためにも「すべてのお客様に公平にワンプライスで!」は当社の譲れない基本的な考え方でもあります。
お客様によって値段が違えば、お客様は安心してお取引できないでしょう。

また「デザインや色数、製作枚数によって値段が変わってきますので、データを送ってください。
であればきちんとしたお見積りが出せますので」なんて言われても困りますよね。
まだデザインとか決まっていないケースもあれば、枚数も単価次第なところもありますし。
正確な金額は難しくても、このサイズで、何枚製作した場合はおよそいくらになりますと概算見積りくらいでも
いいのでサイトに載せていて欲しいものです。

一見デザインを見てみないとお見積りできないというのは良心的に思えるかもしれませんが、
裏を返せばデザインが変わればその都度値段が変わるということ。
それではデザインが変わるたびにいちいちお見積りを取らなければなりませんよね。
それもまたかなり面倒です。それよりもデザインや色数は関係なく、サイズによってのみ
きちんと価格が明示されているところのほうが安心して頼むことができますし、便利です。

ですからサイズと製作枚数によってきちんと価格表を出しているところを選びましょう。

チェックポイント3

価格がはっきり明記されていますか?

4 返品交換してくれますか?

オーダー品【受注生産】は既製品ではない分、思っていたものではなかったということも十分に考えられます。 それだけに商品が届くまでは、
「ちゃんとしたものを作ってくれるんだろうか?」
「イメージと違っていたらどうしよう」
と不安な気持ちで商品を待つことになります。
顔を突き合わすことなくメールや電話だけでしかもオリジナルなものを頼むわけですから当然といえば当然です。 それがもし初めての取引ならさおさらでしょう。

その上、オーダー品は、 返品交換に応じてくれないところがほとんどです。
「商品の特性上、返品は出来かねます。」って。
でも、これでは安心して注文することなど出来るはずもありません。
むしろオリジナルだからこそ、 1枚1枚手作りだからこそ、起こりうる問題があるからです。
「思っていた色と違っていた」、「色が薄い」 などなど。
一般的に、旗や幕のクレームで一番多いのが色に関することです。

だから、当社でも一番色には気を使っています。
しかしもちろん万全は期しても、残念ながらメールでのやりとりだけでは「思っていた色と違っていた」 ということは十分にありえる話なのです。 それは、パソコンを介せば色は違って見えるからです。

そこでもし万が一そのような「思っていた色と違っていた」という場合、
既製品と同じように返品交換が出来ればどうでしょう?
それなら、安心して注文できますよね。

だから、「もし何かあれば、交換してくれますか?」と聞いてみましょう。
もし、そんなこと聞きにくいな〜、とお思いなら、返品交換について書かれているページを見てみましょう。
「オリジナルは返品できません」と書いているのか、
それ以外のことが書かれているのかをチェックするのも一つの方法です。

ちなみに当社では、お客様に安心してご注文いただくために、
もし色に関して思うような色ではなかった、という場合、無償で再製作を行っております。
色に関することだけではありません。 お客様の常識で判断して「これはちょっと気になる」ことがある場合、
ご遠慮なくお申し付けください。 当社に非があると判断した場合、速やかに再製作させていただきます。

チェックポイント4

納得いかない品質の時、返品交換してくれますか?

5 納期回答は、すぐにしてくれますか?

納期は早いに越したことはありませんが、それよりもまずは
「注文してから何日で出来るかということが事前にはっきりとわかる」ことが
大事ですよね。

お客様にとって、「どのくらいの期間で製作できるのか?」は重要なポイントです。 なにせ、「○月○日の使用日に間に合わないと困る」わけですから。

それなのにサイトを見てもどのくらいかかるのか製作期間が明示されていないのはもちろん、
電話で納期をたずねても、「その時の込み具合にもよりますから、はっきりとしたことは言えませんが、 大体○週間いただければ助かります」とか、注文したは「出来上がり次第、こちらからご連絡させて頂きます」では、 怖くて注文などできません。
製作日数5日〜8日までのような書き方も困りますね。 このような書き方をしているということは、5日と言っておきながら場合によっては8日になることだって考えられるからです。

逆に、「○日後に出荷します」と事前にはっきり明示されていると安心して注文できます。
その上で納期も早いと、なお良いですよね。
ちなみに当店では、通常便の場合で原稿決定後7日後に、
もっと早く欲しいという方のための特急便の場合で3日後にお出ししています(特急便は割増料金がかかります)。
原稿が最終的に確定した際も「○月○日出荷いたします。金額は○○○○円です。」と、
取り急ぎ、請け書をファックスでお送りします。
そして出荷当日も、「本日出荷させて頂きます」と、佐川急便のお問合せ番号と一緒にメールでご案内、
それによってお客様ご自身でお荷物の配達状況を確認したり、お急ぎの場合は「何時ごろに配達予定か」を直接
お問い合わせ頂くことができます。

このように「安心して注文できるか体制かどうか」は最も大事な判断基準です。

チェックポイント5

納期がはっきりと明示されていますか?

6 製造現場が見えますか?

「この会社に旗の製作を頼むと、ちゃんとしたものを作ってくれるのだろうか?」

インターネットでオリジナル製品を注文する際に不安に思うことの一つです。
確かにそれは、実際の商品を見てみないことにはわかりようがありませんが 事前にわかれば安心して注文できますよね。 何か事前に分かる方法はないのでしょうか?

いえ、あります。
それは、その会社の顔を見ること、なかでも製造現場を見ることです。
つまりサイトに製造現場の写真が載っているかどうか、です。

製造現場の写真がなければ、自社でやっていない場合が多いですから、それは要注意です。
なぜなら自社で製作していないところでは、 なかなか納期も無理を聞いてもらえませんし(というか作っていないので無理が聞けない)、 クレーム対応も後手になりがちだからです。

たとえ価格が安くても、実際そこで作っていなければ、何かあった場合、対応が遅くなり、かえって困る事が多いからです。
もちろんコストダウンも自社内で作っていればこそ可能な話であって、そうでなければ難しいでしょう。
だからそこで実際に作っているかどうかは非常に重要なチェックポイントの一つです。

会社概要やお客様窓口をチェックして、
電話番号、住所、担当者を確認する事は、誰でもやっているかもしれませんが、
製造現場をチェックする方はなかなかいらっしゃらないのではないでしょうか?

よく「販促グッズのことなら何でも揃います!」
「ちょうちんからのぼりまですべて揃ってます」なんてところには、
実際、ホームページの中には製造現場の写真はありません。自社製作していないからです。
そういう意味では、取り扱い品目もチェックポイントの一つです。
もしくは、住所を番地までしっかり見るだけでも、そこで作っているかどうか、わかるものですよ。

チェックポイント6

そこで実際に作っていますか?

6 返事がすぐに返ってきますか?

レスポンスの速さは、信頼のバロメーターです。

私たちが取り扱う旗や幕という商品は その性格上、すぐに欲しいとか、何日までに欲しいとか、オープンが迫っているのでとか、 今度の週末に販促で使うのですぐに欲しい、などというようなことが当たり前の世界で、 求められる納期は非常にタイトな場合がほとんどです。

だからお客様からしてみれば一刻も早く発注したい、そう思って問い合わせをしているのに
返事が翌々日では・・・
せめてその日のうちに返信がなければ不安で仕方ないですよね。いえ、すぐにでも返事が欲しいくらいです。

もちろん、メール返信が遅いからといって 必ずしも製作期間も同様に遅いということにはならないかもしれませんが、 メール返信が早い所は実際の仕事も早い、そう言い切れると思います。 なぜなら一番最初の入り口である問い合わせメールの返信が早い所は、 その後の工程であるデザインの上がりも早い、ひいては製品の納期も早いそう考えられるからです。

問い合わせメールは遅くとも即日中、もし無理ならせめて電話やメールで 「いついつまでにお答えしますのでそれまでもうしばらくお待ち下さい」と回答が返ってくるお店を選びましょう。

チェックポイント7

問い合わせてからその日のうちに返事が返ってきますか?

メインメニュー: 製品一覧当サイトの特長ご注文方法生地見本帳請求データ入稿ガイドお客様の声会社概要お問合せ
取扱い商品:

垂れ幕・横断幕(屋外向け)垂れ幕・横断幕(屋内向け)応援幕養生幕日除け幕(店頭幕)のれんタペストリーバナースタンドロールスクリーンテーブルクロス社旗日章旗・安全旗クラブ旗・部旗・団旗大漁旗額縁入り大漁旗優勝旗会旗・敬弔旗手旗連続旗タオル椅子カバー

特定商取引法の表記 プライバシーポリシー

Copyright© HakuroMarks Inc. All rights reserved.

生地サンプル無料配布中 旗・幕ドットコム